サービス

訪問看護ってどんなサービス?

「訪問看護」 とは自立療養支援を行うサービスです。病気や障害を持つ方がご自宅で生活が送れるよう、掛かりつけの医師の指示に基づき看護師・リハビリスタッフがご自宅を訪問します。

「ココタスリハビリ訪問看護ステーション」は、主治医やケアマネージャーなど多くの職種の方々と連携し、万全の体制で利用者さま・ご家族に寄り添った訪問サービスをお届けします。

~ご自宅での生活を支えるために~

医療の専門家がご自宅での生活を24時間サポート

看護師やリハビリスタッフが、利用者さまに合わせた医療サービスを提供します。看護師の視点から利用者さまの小さな変化に目をむけ、 床ずれや肺炎などの予防、早期発見に努めます。難病などの利用者さまに対しては予後を予測し、変化を見据えた看護の提供をします。

ご自宅で安心して療養できる環境をづくりを支援

例えば退院後、胃ろうの管理や痰の吸引などをご自宅で行う場合にも、ご家族で安全に処置が行えるよう、介護力に応じたアドバイスをします。

在宅で安心して看取りが行えるよう支援

急な病状変化を見据えた対応を家族へ伝え、 24時間、夜中でも対応し、 不安なく看取りが迎えられるよう支援します。

主治医と利用者さま・ご家族との橋渡し

日々の状態変化を主治医に報告し、ご自宅での療養生活をサポートします。また、 医師に直接相談しづらい治療に関する質問などがある場合、利用者さまに代わって確認し調整します。

医療特有の専門用語や療養の内容など、利用者さま・ご家族が理解できるよう、わかりやすくお伝えします。

こんな希望、こんな不安をお持ちですか?

  • 自分でトイレにいきたい
  • 座ってご飯が食べたい
  • 自宅のお風呂に入りたい
  • 相談できる人がほしい
  • 近いうちに退院するが不安で仕方がない
  • 痰がからんだり、よく熱がでる
  • 食欲が減ってきた
  • 介護が大変で共倒れしそう
  • 長年馴れ親しんだ自宅で生活したい
  • 自宅で最期の時を迎えたい

これらの希望や不安をココタスは皆さまと一緒に解決していきます。

訪問看護、在宅リハビリをご利用できる方は?

介護保険、医療保険をお持ちお方。病気や障害のために、ご自宅での生活にサポートが必要な方がご利用できます。小児の訪問もご相談下さい。

*当ステーションは指定難病、指定小児慢性特定疾患の受け入れ指定医療機関です。

訪問看護ステーションでは次のようなサービスを提供します。

訪問看護

健康管理

看護師の視点から、視診・触診・聴診などにより小さな状態変化(肺炎や床ずれ 、体のむくみ、おなかの張り、からだの痛み など)の異常の早期発見に努めます。

床ずれ予防や処置

床ずれ予防の工夫やアドバイス、主治医の指示に従い処置・管理を行います。

身体の清潔の維持

入浴、足浴、身体の清拭、食事や口腔ケア、排泄の介助・アドバイスを行います。

医療機器の管理

在宅酸素、吸引器等の管理・サポートをします。

ご家族への介護相談・支援

おむつ交換や体位変換などの介護方法をアドバイスします。

ご自宅での看取り

ご自宅で最期を迎える場合、看取りのケアと家族への支援(不安の軽減、介護方法の指導)を行います。

医師の指示による医療処置

胃ろう、膀胱ろう、気管カニューレ、HOT、吸引、点滴・静脈注射、人工肛門、血糖測定、膀胱留置カテーテルなどの管理・処置を行います。

在宅リハビリ

身体の状態を評価

リハビリスタッフが身体機能や動作能力を把握し、利用者さまに合ったリハビリメニューを作成します。

日常生活動作の改善

身体の状況や住宅環境にあわせた、きめ細やかなリハビリを提供します。ほんの少しのコツを知るだけで、起き上がりやトイレなどの日常生活動作、歩行などの改善が見込めます。

住宅環境の整備

住宅改修・福祉用具のアドバイスも行います。 手すりの位置や段差昇降の方法、杖などの選択するポイントなどアドバイスさせていただきます。

身体の痛みや不自由さの改善

大腿骨等の骨折、膝や腰の痛み、脳梗塞、パーキンソン病等の難病、呼吸器疾患など幅広く対応します。